将来を考えて分譲マンションの購入を!

新婚や独身の時でも3LDK位の広さがあるマンションのほうが将来の備えとしては非常に良い選択ではないでしょうか。

小さい頃から一戸建てで生活をしている人からすると「マンション」という住まいは、一時的な仮暮らしという感覚を持っている人もいるかもしれないです。
事実、マンションで生活をしている人は一人暮らしや少人数の家族が賃貸暮らしをしているイメージが結構強く残っていますので、マイホームとしてマンションを購入するときは「仮暮らし」ではなく、遠い将来のことを考えた住まいを求める考えでないと住まい購入を失敗してしまう可能性が非常に高いです。

まず、分譲マンションを購入するときは独身の時または新婚の時が非常に多いです。
まだ独り身だから、または結婚したばかりで子供がすぐにできたとしても3人暮らしという想定で部屋数は2LDK位で十分だと考えている人がかなり多いです。
そのような考えですと、まさに賃貸マンションを購入するときと同じような感覚になってしまいますし、予想以上にどんどん家族が増えてしまって2LDKで生活をしていても家族が多くなっているので狭い住まいになってしまいます。

それに狭い部屋でしたら、家族の荷物もかなり増え収納ダンスなどを置けるスペースもなくなってしまいますし、場合によっては足の不場もないような部屋になってしまいます。

将来できる家族のことを考えると部屋を選択する流れも大きく変わってくるでしょう。
将来子供が2人くらいできて広い目の3LDKの分譲マンションの部屋でのびのびと遊んでいる姿を想像すると新婚さんや独身の時でも3LDK位の広さを保っているマンションのほうが将来の備えとしては非常に良い選択ではないでしょうか。

新婚さんの頃は3LDKのマンションが二人で生活をしていて、すごく広く感じてしまいますが、子供が一気に2人増えると広く感じていたのが、ちょうど良い部屋の大きさになってくるものです。
そしていつか子供が独立して夫婦二人きりの生活になったとしても、まだその分譲マンションで生活をし続けることができます。

将来のことを考えた上でも分譲マンションというのはいいかもしれません。
もしかしたら、うまいこと行けば引越しをしないまま新婚のころから死ぬまで、購入した分譲マンションで生活をし続けることができます。

賢い分譲マンションの買い物をするときには、これからできる家族やライフスタイルのことを考慮して選べば間違いのない買い物ができるでしょう。
そうなったら新婚さんでもファミリー向けの物件を視野に入れて探していかないといけないですね。